大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

「ロコモ」ってなに?

 ロコモはロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)の略称です。 ロコモティブ(locomotive)は動く、移動する、機関車などの意味を持っており、ロコモティブシンドロームは運動器疾患と訳されています。

 ロコモは、骨、関節、筋肉など体を動かす働きが悪くなって、バランス能力、体力、移動能力などが低下した状態をいいます。変形性関節症、骨粗鬆症、脊柱管狭窄症、関節リウマチなどさまざまな運動器疾患だけでなく加齢や運動不足でも起こりやすく、要介護状態の原因にもなりやすいのです。

 我が国では変形性関節症、骨粗鬆症とわかるものだけ限っても推計患者数が4700万人とされ、50代の7割以上の方がロコモになる可能性を持っているといわれます。急に腕が上がらなくなったが時間が経ったら少し治ったとか、このごろ腰が痛くて困るなど、そのまま我慢してしまうとか歳だからと諦めてしまう人が結構多いのではないでしょうか。

 しかし、ロコモは運動器疾患や加齢・運動不足などが重なり身体機能が低下し寝込んでしまう、あるいは歩いたり、着替えたり、自分でトイレに行けなくなり要介護になるということにつながりやすくなります。

 高血圧や糖尿病などの内科系生活習慣病に比べ、いままで軽んじられてきた感がありますが、効果的な予防(治療)が可能なことから整形外科学会を中心にロコモ対策のキャンペーンが始まっています。運動不足かな、身体能力が落ちているかな、どうも肩や腰の動きが悪いなどと感じたら気軽にロコトレ(ロコモーショントレーニング)をはじめましょう。

 心掛けて体を動かす、ウォーキングなどの軽い運動をする、好きなスポーツを楽しむ、固くなったかなと思う肩、腰、膝などをストレッチして和らげる、ラジオ体操、太極拳などのエクササイズに参加するなどなど、無理なく体を動かすとそれは皆ロコトレになります。つまり今よりもっと活動的な生活をしようということです。

 このキャンペーンでは、少し身体能力の低下した人でもできるように工夫されており、体のバランス感覚の程度を把握し、繰り返す行うと改善できる「開眼片脚立ち」と、足腰の関節を効果的に鍛えられる「スクワット」2つのエコトレ普及に力をいれています。ちょっと時間が空いたときなどにやってみるとよいでしょう。一方、どうも痛みやこりや固まった感じが摂れないときには放置せず整形外科の先生などに相談しましょう。医師・医療機関以外での専門職の治療にも健康保険が適用されることもあります。

関連サイト
ロコモチャレンジ
日本健康運動研究所

(2011/11/29)
(sa)
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら