大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

人気の“皇居ラン”を快適に楽しむために

 10月も半ばを過ぎ、涼しく過ごしやすい日が続くようになってきました。この時期は、食欲の秋・読書の秋・運動の秋といったように、何をするにも良い季節と言えるでしょう。特に、運動は日差しが強くなかなか出来なかった夏場に比べると、秋は汗をかいても快適ですがすがしい気持ちを得ることができます。

 運動と言えば、ここ最近ジョギング・ランニングが簡単に始められることもあり人気となっているようです。ブームのきっかけになったとされる東京マラソンは、来年2月の大会参加の抽選で当選倍率9.6倍(マラソン、10キロあわせて)と過去最高になったこともニュースになりました。みなさんの周りにも、応募し当選・落選の報に一喜一憂した方もいるのではないでしょうか。

ランナーのサポートサービスが充実

 ランニングの人気に伴い、都内では「皇居ランニング」を楽しむ人が増えています。皇居の外周は、1周5キロで、途中信号がないことやアクセスの良いことなどから、市民ランナーに人気のランニングコースです。都心にあるため、周辺で働くサラリーマンや女性も仕事帰りなどにランニングを楽しめる場所となっています。

 最近では、皇居周辺に荷物を預かるロッカーやシャワー設備、休憩スペース等を完備した“ランニングステーション”と呼ばれる施設も増えています。また、周辺に昔からある銭湯でも、皇居ランナーのためのサービスを行うところもあり、銭湯ランナーといった言葉もあるほどです。

 一方、皇居ランナーが増えるに従い、様々な問題点も上がっています。そもそも皇居外周は、歩道でありランニング専用コースではありません。散歩する人や写真撮影を楽しむ人もいます。また、皇居は観光スポットでもあるため、観光客の往来もある場所です。そのため、歩道が狭い場所では走っているランナーと歩行者が接触することや、集団になり我が物顔で走っているランナーなど、皇居ランナーのマナーやルールについて問題視されています。

思いやりのこころで快適に

 ランナーをはじめ、歩行者、観光客等、皇居を訪れた人全員が安全・安心、快適に利用できるよう「皇居ランナーマナー“10”の宣言!」というものがあります。これは、皇居周辺でランナーのためのサービスを提供する施設が集まった「皇居ランナーサポート施設クラブ連絡会」が、皇居のランニングを楽しむためのランニングマナー10箇条をまとめたものです。

皇居ランナーマナー“10”の宣言!
  • その1、左側走行を心がけます。
  • その2、狭いところは一列で。追い抜きは避けます。
  • その3、できるだけ反時計回りで、逆走は控えます。
  • その4、混雑時はタイムにこだわらず、常にゆとりあるペースを心がけます。
  • その5、追い抜き・追い越しの際の「声かけ」を心がけます。
  • その6、グループ走は広がらず、大集団にならないよう工夫します。
  • その7、クールダウン、集団での立ち話、そぞろ歩きで歩道を塞ぎません。
  • その8、音楽プレイヤーのボリュームは控えます。
  • その9、ゴミは必ず持ち帰ります。
  • その10、いつでも思いやりのこころを持って走ります。

 また、皇居のある千代田区の観光協会では、皇居ランナーをサポートする特設サイトを設け、皇居周辺にあるランニングステーションの一覧を紹介しています。施設は、(1)神田・神保町・お茶の水エリア、(2)日比谷・丸ノ内・銀座エリア、(3)半蔵門・麹町・市ヶ谷エリアに分かれて紹介されています。また、施設もタイプ別にも分類されており、「銭湯」「ジム」「女性限定」等、自分のスタイルにあった情報を得ることができます。この秋に新たにランニングを始めてみたい方の参考になるのではないでしょうか。

千代田区観光協会
 「皇居ランナーズ+」
 「皇居ランナーマナー“10”の宣言!」

(2010/10/26)
(wa)
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら