大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

目の不調は加齢のせい? 眼科医で定期的な検査を

年を重ねると新聞や本の文字が読みづらくなったり、遠くのものがぼやけて見えたりといった目の不調が現れることが多くなります。このような症状を感じると、多くの場合、老化による視力の低下だと思うことでしょう。しかし、この目の不調が現われるにとが、すでに恐ろしい目の病気と関係していることもあり注意が必要です。

“目の病気”と言うと、主なものに白内障緑内障加齢黄班変性などがあげられます。それぞれの病気についての解説は、このサイトの『病気別ガイド』の中で確認してください。

今回は、先にあげた3つの中でも失明原因の第1位にあがる「緑内障」の実態についてみていきましょう。

加齢とともに起こる緑内障

緑内障の予防と啓発活動を実施している患者組織「緑内障フレンドネットワーク」は、緑内障患者の実態を把握するためのアンケート調査を実施しました。

その結果、緑内障と診断されたときの平均年齢は51.6歳で、年代別では50代がもっとも多く35.6%、次いで40代が26.8%、40-50代で全体の62.4%でした。また、診断の際の視野欠損状況は、3人に2人がすでに視野の欠損を有し、そのうち20.2%の人は視野の半分以上欠けた状態であることがわかりました。

緑内障診断時の年齢

資料:緑内障フレンドネットワーク 患者調査(2009)

緑内障の怖さ、欠けた視野は戻らない…

緑内障と診断される前に、何らかの視野の異常を感じている人は少なく、特に緑内障の症状である「見える範囲(視野)が狭く感じた」人は10.9%でした。一方、「何も感じない人」は36.5%ともっとも多く、緑内障の怖さの一つである“自覚症状に乏しい病気”ということが改めて浮き彫りになりました。

また、緑内障の検査を受けていない40歳以上に向け、その怖さをどのように伝えるか聞いたところ「一旦欠けた視野は戻らない」「自覚症状に乏しので早期発見が難しい」などがあげられました。

このように緑内障は、自覚症状に乏しく早期発見が難しいいため、40歳を過ぎたら目の不調の有無に関わらず眼科医で定期検査を習慣化することが重要です。緑内障フレンドネットワークでは、緑内障に関する情報提供のほか、眼科医を講師に招いての市民公開講座なども実施しています。

緑内障フレンドネットワーク


(2009/10/16)
(wa)
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら