大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

第7回 一生懸命ストレッチ

伊丹さん
伊丹さん
肩や腰の痛みを和らげるのにストレッチがよいと聞いたので、今、一生懸命ストレッチをしています。
Dr.千晶
Dr.千晶
ストレッチは筋肉を伸び縮みさせることで血行をよくしくれるので、コリやハリの解消に効果的です。また、関節の可動範囲を広げてくれるので、いざという時の怪我防止にもつながります。
伊丹さん
伊丹さん
やっぱり! いつも痛い思いをしてストレッチをしているかいがあります。
Dr.千晶
Dr.千晶
でも、「痛み」を感じるような強いストレッチは禁物です。
伊丹さん
伊丹さん
そうなんですか?痛いところまで伸ばさないと、効果がないのかと思っていました。
Dr.千晶
Dr.千晶
筋肉は、伸ばしすぎると逆に縮もうとする性質があります。痛みを感じるほど伸ばしては、伸ばそうとする筋肉と縮もうとする筋肉のせめぎ合いで、筋肉自体を痛めてしまいます。ストレッチは、“痛い”の一歩手間で止めておきましょう。
伊丹さん
伊丹さん
無理しても、いいことはないってことですね。
Dr.千晶
Dr.千晶
はい。他にも、反動をつけたストレッチや、痛みがある部分のストレッチもひかえてください。
伊丹さん
伊丹さん
より伸ばそうと、今までは勢いをつけてやっていました…。
Dr.千晶
Dr.千晶
ついしてしまいがちですが、反動をつけると限界以上に筋肉が伸びてしまい、筋肉はもちろん関節まで痛めてしまいます。伸ばすときも戻すときも、ゆっくりとやりましょう。
伊丹さん
伊丹さん
「ゆっくり、無理せず」ですね。今日から早速やり方を変えてみます。
(2008/10/02)
常に「わかりやすく」がモットーの、医学博士・健康科学アドバイザー。競泳のバタフライで、全国大会優勝という経歴を持つ。 55歳。50過ぎからからだのあちこちが痛み出した、ちょっと太目のサラリーマン。仕事も趣味もインドア派。現在、奥さんと2人暮らし。

10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら