大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

夏の風物詩?冷房病対策

夏の風物詩といえば、風鈴、うちわ、すいか、蚊取り線香…ですが、今日ではこのような風流なものばかりとはいきません。エアコンが普及した現代、頭痛や肩こり、全身のだるさ、不眠などをともなう「冷房病」も、悪い意味で夏の風物詩になってしまいました。

冷房病はクーラー病などともいわれますが、医学的に正式な病気というわけではありません。また、夏場の体調不良という点では夏バテのひとつの症状ともいえますが、原因が少し違います。昔ながらの夏バテは、暑さによる胃や腸の消化機能の低下や、汗をたくさんかくことで体内の水分やミネラル分が不足してしまうことが深く関係しています。

これに対して冷房病は、エアコンの利用で屋内と屋外の気温差が大きくなり、からだの体温調節機能が追いつかなくなることが原因です。それぞれの原因を一言でいえば、夏バテは暑さ、冷房病は室内の涼しさといえるでしょう。

それでは、なぜ屋内と屋外の気温差で体調が悪くなるのでしょうか。

からだの体温調整をしているのは自律神経です。自律神経は、暑いときも寒いときも常に体温を一定に保とうと頑張っていますが、5℃以上の急激な気温変化には対応しきれないといわれています。そんな状況が頻繁に起こると自律神経の機能に乱れが生じ、からだにいろいろな不調が表れます。そのため冷房病は、一種の自律神経失調症ともいえます。

そんな冷房病対策の基本は、やはり屋内と屋外の気温差を小さくすること。そこでまず、エアコンの設定温度を25℃〜28℃にしましょう。お店や会社、電車の車内などは自分で設定温度を変えるのは難しいので、薄手の上着を着たりひざ掛けをしたりして、冷風から身を守りましょう。

仕事などで1日建物の中にいることが多いという人は、1時間に5分程度で構いませんので屋外に出て軽くからだを動かすのもおすすめです。ただし、汗をかきすぎると屋内に戻った後急激に体温が下がってしまう恐れもあるので注意しましょう。

また、寝苦しいからとエアコンを付けっぱなしで寝てしまうのは禁物です。タイマーを使って、1時間前後で切れるよう設定してから就寝しましょう。


(2008/07/14)
(wa)
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら