大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

第3回 自己流マッサージ

伊丹さん
伊丹さん
日頃の感謝をこめて、肩こりのひどい妻にマッサージしてあげるのが習慣になりました。「痛いけれど気持ちいい」といって、喜んでくれます。
Dr.千晶
Dr.千晶
伊丹さんは奥さま思いですね。どんなふうにマッサージされているのですか?
伊丹さん
伊丹さん
両肩をつまむ感じで、ギュッと力を込めて揉んでいます。
Dr.千晶
Dr.千晶
子供も独立して夫婦2人の生活では、そういったコミュニケーションはとても大切です。でも、今度マッサージしてあげるときは、少しやり方を変えてみましょう。
伊丹さん
伊丹さん
やり方を?
Dr.千晶
Dr.千晶
まず、痛いところを直接マッサージするのはひかえましょう。筋肉は外から力が加わると、反発して伸び縮みします。それを利用して血の流れを良くし、コリをほぐすのがマッサージです。でも痛いところを直接マッサージすると、その刺激で痛みが増すこともあります。強すぎるマッサージも、筋肉の繊維を傷めてしまうので逆効果です。
伊丹さん
伊丹さん
それじゃあ、どんなマッサージ法がオススメなんですか?
Dr.千晶
Dr.千晶
ツボ押しと、「軽擦法(けいさつほう)」です。ツボ押しは、痛いところから離れたツボを押します。軽擦法は聞いたことがないかもしれませんが、叩いたり揉んだりするのではなく、読んで字のごとく張っている筋肉を手のひらや指などで軽く擦(さす)るものです。
伊丹さん
伊丹さん
軽く擦るだけでいいですか?
Dr.千晶
Dr.千晶
手のひらって温かいですよね。その温かい手で擦れば、摩擦の熱も加わり筋肉はリラックスします。すると血液の流れもよくなり、痛みやコリが和らぎます。
伊丹さん
伊丹さん
擦るだけなら、私の手も疲れませんね。妻の背中や肩を擦るのはなんか照れくさいですが、今度試してみます。
(2008/06/02)
常に「わかりやすく」がモットーの、医学博士・健康科学アドバイザー。競泳のバタフライで、全国大会優勝という経歴を持つ。 55歳。50過ぎからからだのあちこちが痛み出した、ちょっと太目のサラリーマン。仕事も趣味もインドア派。現在、奥さんと2人暮らし。

10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら