大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

規則正しい睡眠習慣

冬の寒さも過ぎ、夏の暑さにはまだ間のあるこの季節は、1年のうちでも寝心地の良い季節といわれています。また、4月は節目の月。寝つきが悪い、夜中に目が覚める、日中とても眠くなるといったことが思い当たるようなら、一度睡眠習慣を見直してみましょう。

睡眠には、からだだけは眠っていて脳は起きているレム睡眠と、からだも脳も眠っているノンレム睡眠とに分かれます。そして、ノンレム睡眠の中にも深い眠りと浅い眠りがあります。この深いノンレム睡眠は、“朝起きて夜寝る”という普通の生活をしている場合、午後10時~午前3時くらいの時間帯に訪れるといわれ、この時間帯にどれだけ眠るかで睡眠の質が決まります。

睡眠の質を高めるには、この時間帯に眠くなる習慣をつける必要があります。そのためにまず、以下のことから始めてみましょう。

 平日、休日の区別なく毎日決まった時間に起きる

 日中は活動的にすごし、夜はのんびりすごす

 昼寝をする場合は昼食後の15~30分程度まで

 寝酒をホットミルクなどに変える

まず、夜決まった時間に寝るためには、朝決まった時間に起きることが前提となります。そして、日中にからだも頭もしっかり使い、ある程度疲労をためることも大切です。眠気はからだと頭からの、「疲れたので休みます」というサインでもあります。そのため、長い昼寝で一度からだと頭を休めてしまうと、その分夜寝る時間が後ろにずれてしまいます。また、寝つきが悪いからと寝酒の習慣がある人も要注意です。たしかに、アルコールは脳をリラックス(麻痺)させ眠気を誘います。しかし一方で、眠りを浅くして目を覚ましやすくしてしまいます。

人の一生の、約3分の1を占める睡眠。もしそれが充実したものでないとしたら、とてももったいないことです。よい眠りは、明日への活力です。できるところから、睡眠習慣の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。


(2008/04/10)
(wa)
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら