大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

帯状疱疹

どんな病気?
疱疹とは、皮膚の小さなできもののことです。その疱疹が帯のように広がって現れる病気が帯状疱疹です。原因はヘルペスウイルス。みずぼうそうの原因と同じウイルスです。

みずぼうそうは多くの人が子どものころにかかる病気です。みずぼうそう自体は10日もすれば治るのですが、ヘルペスウイルスがからだから完全に駆逐されることはありません。神経の奥深くに潜り込み、そこで生き続けます。ただし通常、ウイルスはじっとしているだけなので健康に害を及ぼすことはありません。問題になるのは、そのヘルペスウイルスが再び活性化したときです。

どのようなときにウイルスが活性化するかというと、からだの抵抗力が落ちたときです。その原因として最も多いのは加齢です。ですから帯状疱疹は高齢になるほどかかりやすくなります。若い方でもなにかの病気のために体力が低下しているときや、ストレスが続いているときに発病することがあります。

ウイルスが再活性化し増殖すると、神経の奥から皮膚の表面へと上ってきます。この間、痛みやヒリヒリ感が数日続きますが、外見上はまだ異常はないことが少なくありません。そのためこの段階で診察を受けても、帯状疱疹だとわからないことが多いのです。やがて、ウイルスが皮膚表面までに到達すると疱疹となり現れ、診断が確定します。

疱疹は神経の分布に沿って、あたかも帯のようにつながってできることが多いため、帯状疱疹と呼ばれます。顔や胸、背中によく現れます。また神経はからだの中央から左右に分かれて広がっているため、疱疹もからだの左か右のどちらか一方に広がります。

帯状疱疹は神経そのものの病気なので、強い痛みを伴います。発熱や倦怠感が現れることもあります。ただし2週間ほどで疱疹がかさぶたになり、そのうち消えてなくなります。ところが疱疹が消えた後も痛みがなかなか治まらずに長引くことがあります。帯状疱疹後神経痛と呼ばれるもので、数ヶ月から数年以上にわたって患者さんを悩ますことがあります。

数字で見る帯状疱疹


帯状疱疹の予防と治療
神経の中に潜んでいたヘルペスウイルスが再活性化することが帯状疱疹の原因です。ですから、ふだんから体力低下を防ぎ健康的な生活を心掛けることが予防につながると考えられます。ただし、忙しい生活やストレス、加齢などによって免疫力が低下して、ヘルペスウイルスが勢いづいてしまうのは仕方がない面もあります。

そこで治療の話ですが、帯状疱疹は治療開始が早ければ早いほど良いことが明らかです。病気の早い段階、つまり、ウイルスがまだそれほど増殖していない段階で抗ウイルス薬を用いて治療すれば、症状が軽いうちに治癒させることが可能です。ただし「どんな病気?」の項でも書きましたように、病気の初期に帯状疱疹だと診断するのは必ずしも容易ではありません。

仮に、抗ウイルス薬の使用開始が遅れてもほとんどの場合3週間ぐらいで治癒します。顔面の帯状疱疹が眼球や耳の奥に波及した場合に失明や難聴になることもありますが、その頻度はまれで、基本的には良性の病気と考えてよいでしょう。そして一度、帯状疱疹になれば抗体が強くなるので、めったに再発しません。

問題は、皮膚症状が治まった後も痛みが長引く「帯状疱疹後神経痛」です。ウイルスによる神経細胞へのダメージが強すぎて神経細胞が元どおりに回復しないために起きる後遺症です。高齢者や帯状疱疹の症状が強かった方に現れやすい傾向があります。

帯状疱疹の痛みには、一般的には効き目のよい痛み止め薬(非ステロイド性抗炎症薬)があまり効かず、今のところ決め手となる治療法がない状況です。抗うつ薬やビタミンB製剤、神経に麻酔薬を注射するペインクリニックなど、さまざまな治療法がありますが、どれも人によって効果に差があります。

不快な症状が続いてゆううつになることがあるかもしれません。しかし、痛みは時間がかかっても少しずつよくなっていきます。根気よく治療を続けてください。

さらに詳しく知りたい方は
病気別BEST100サイト【ヘルペス】

(2009/06/26)
(ku)

正しく知ること、まずはそこから。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、中高年の方に発症するリスクが高い病気について、その原因・症状・対策などをご紹介します。

 糖尿病  高血圧   脂質異常症(高脂血症)   が ん
 心筋梗塞  脳梗塞   骨粗しょう症   白内障  歯周病
 痛 風  COPD(慢性閉塞性肺疾患)   C型肝炎   胃潰瘍
 うつ病(気分障害)  緑内障   喘 息(ぜんそく)   狭心症
 関節リウマチ  脳出血   メニエール病   インフルエンザ
 更年期障害   ED(勃起障害)   花粉症
 過敏性腸症候群   加齢黄斑変性   帯状疱疹
 腰 痛   過活動膀胱   胃食道逆流症   胆石症

10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら