大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

更年期障害

どんな病気?
思春期に初経を迎えてから、女性のからだは常に妊娠にそなえて子宮の状態を整えています。妊娠に至らなかった場合には月経(生理)が起こり、子宮の状態をもう一度整え直します。このサイクルは、卵巣から分泌される女性ホルモンの働きによって、周期的に繰り返されます。

40歳を超えるころから年とともに卵巣の諸機能は少しずつ低下します。それによって女性ホルモンの分泌が乱れ、月経も不規則になってきます。やがて女性ホルモンの分泌がさらに少なくなると、月経が起きなくなる、つまり「閉経」を迎えます。

「閉経」の平均年齢は約50歳です。そして、閉経を挟んでその前後の約5年、45-55歳ぐらいが「更年期」と呼ばれます。卵巣機能の低下とともに始まるこの約10年間は、女性のからだが成熟期から老年期(高年期)へと移る準備の期間と言えるでしょう。

更年期には、さまざまな不快な症状が現れます。主なものを挙げると、急に顔がほてったり胸が熱くなる、汗がどっと出る、動悸、息切れ、手足のしびれや冷え、頭痛、肩凝り、めまい、眠れない、イライラする、憂うつになる、などです。

なぜこのような不快な症状が起きるのでしょうか。それは、卵巣機能低下で女性ホルモンの分泌量が減っているのにも関わらず、それを今までどおりにもっと分泌させようとして、女性ホルモンの分泌を増やす性腺刺激ホルモンが分泌され、からだの中で種々のホルモンのバランスが急激に変化するためです。その影響は自律神経系にも及び、ますます全身の諸機能の調整が混乱します。さまざまな自覚症状は、体内で起きているそのようなホルモンと自律神経の混乱の現れです。

また、更年期と呼ばれる年齢は、人生で大きな変化が訪れる時期に重なります。例えば、親の介護が必要になる、子どもが自立・結婚し親元を離れる、夫が定年を迎えるといったことです。こうしたライフイベントによるストレスが、更年期の症状をより顕著にする可能性もあります。

数字で見る更年期障害

注)ここでは厚生労働省の『患者調査』から、「閉経期及びその他の閉経周辺期障害」の受療率を紹介します。ただし、更年期障害にはさまざまな症状があり、患者さんの主要な症状から特定の病気と診断されて治療を受けている場合も少なくありません。そのため、いわゆる更年期障害で治療を受けている方の受療率は、この数値よりも高いものと考えられます。

更年期障害の予防と治療
更年期そのものを「予防」することはできません。更年期はすべての女性に訪れます。ただし、更年期に伴うさまざまな症状、いわゆる更年期障害の現れ方は人それぞれです。あまり気にならないまま更年期が過ぎてゆく方もいる一方で、症状が強くて非常な苦痛を感じられる方もいます。

更年期障害の治療では漢方薬がよく使われます。病気の原因である異常箇所を見付けてそれを修復しようとするのが西洋の薬ですが、これに対して漢方薬は、症状から全身の状態を把握して体質的な改善を図る薬です。そのような作用が、更年期障害のような多彩な症状を改善するのに適しているのでしょう。

一方、更年期障害の原因療法としては、ホルモン補充療法が該当します。低下した女性ホルモンの分泌を、注射薬や飲み薬、貼り薬、塗り薬などで体外から補ってあげるわけです。実際、この治療法は非常に効果があります。しかし、治療開始後いつまで続ければ良いのかという点や、乳がんになりやすくなるのではないかといった副作用の心配に対し、まだしっかり答えが得られていない面もあり、あまり普及していません。ただし、産婦人科などで定期的に検査を受けながら続けるのであればもちろん安全ですし、効果の高い治療法です。

そのほか、自覚症状にあわせて対症療法的に薬が処方されます。薬による治療以外にも、趣味やスポーツなど日常生活にアクセントをつけることでも効果が期待できます。からだを使うことで血行が改善しますし、辛い症状で憂うつなときの気分転換にもなります。

なお、更年期障害の諸症状は時間がたてば(更年期を過ぎれば)自然に治ります。更年期障害が命にかかわることはありません。しかし、だからといって辛い症状に耐えてがまんし続ける必要はありません。また、更年期の症状だと思っていたら別の病気によるものだったという可能性もあります。それによって本来の病気の治療機会を逃してしまうようなことを防ぐためにも、気になることがあれば早めに医療機関を受診してください。気がねや遠慮は無用です。

また、これは患者さんの周囲の方にお伝えしたいことですが、更年期障害の諸症状は検査をしても患者さんの訴えに見合うほどの直接的な原因が見付からないことがあります。そのためご家族など身近な人でさえ場合によっては、患者さんの辛さを理解できないことがあります。このような無理解・誤解が患者さんの気持ちを余計に圧迫してしまうケースも出てきます。それは互いに不幸なことですので、ぜひ、更年期に対する理解を深めていただきたいと思います。

さらに詳しく知りたい方は
日本女性医学学会
NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア
NPO法人 メノポーズを考える会

(2008/11/28)
(ku)

正しく知ること、まずはそこから。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、中高年の方に発症するリスクが高い病気について、その原因・症状・対策などをご紹介します。

 糖尿病  高血圧   脂質異常症(高脂血症)   が ん
 心筋梗塞  脳梗塞   骨粗しょう症   白内障  歯周病
 痛 風  COPD(慢性閉塞性肺疾患)   C型肝炎   胃潰瘍
 うつ病(気分障害)  緑内障   喘 息(ぜんそく)   狭心症
 関節リウマチ  脳出血   メニエール病   インフルエンザ
 更年期障害   ED(勃起障害)   花粉症
 過敏性腸症候群   加齢黄斑変性   帯状疱疹
 腰 痛   過活動膀胱   胃食道逆流症   胆石症

糖をはかる日記念講演会
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら