大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

緑内障

どんな病気?
国内における失明原因の第1位が緑内障です。40歳以降の中高年に多く発病し、眼の奥にある視神経が障害される病気です。障害された視神経に対応する視野(見える範囲)が見えなくなります。いわゆる「視野が狭くなる」という症状で、それがジワジワと(ときに発作的に)進行し、やがて失明してしまうことさえあります。

もっもと、病気の進行を抑える治療法はほぼ確立しています。つまり、緑内障に早めに気付いてしっかり治療を続けていれば、視力を失うことは防げるのです。それにもかかわらず緑内障が失明原因のトップであるとは、少し不思議ですね。「視野が狭くなれば、だれでもすぐに気付くのでは?」と思われるのではないでしょうか。

実は、その勘違いが緑内障の怖さです。ふだんは左右両方の目を使っているので、視野が欠けていても、お互いの目の視野でカバーしあって意外なほど気付くのが遅れるのです。「なんだか見え方が変だな」と感じたときには、すでにかなり病気が進行してしまっています。

視神経は脳の中の神経と同じで再生力がないため、いったん障害されたら復活しません。ですから欠けてしまった視野を取り戻すことができません。40歳以上の20人に1人が罹疾しているといわれる緑内障。決してまれな病気ではありません。早期発見と治療の継続が、緑内障から目を守るポイントです。

数字で見る緑内障

緑内障の予防と治療

以前、緑内障は「眼圧が高くなる病気」だと考えられていました。眼圧とは眼球の内圧のこと、たとえていうとサッカーボールの中に入れる空気のようなものです。サッカーボールの空気が少ないとボールは縮んでしまいます。逆に空気を詰め込み過ぎるとボールはパンパンに硬くなります。柔らかい材質で球状のかたちを保つには、内側から外側に向かう適度な圧力が必要なのですね。眼球の場合はそれが眼圧です。

眼圧を左右しているのは眼球の中を流れている「房水」という水分の量です。房水は少しずつ眼球の外に排出されていくのですが、この流れが悪いと眼球内に過剰に滞り、眼圧が高くなります。すると、眼球の奥から脳へと繋がっている視神経が圧迫されて障害されます。そして視野が欠けてくる過程については「どんな病気?」で書きました。

このように、確かに眼圧は緑内障の発病や進行にとって重要な要素なのですが、日本人の場合、眼圧が正常でも視神経が障害されることが少なくありません。「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプで、国内では高眼圧による緑内障よりも患者数が多いことがわかっています。疫学調査では、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障で、その約7割が正常眼圧緑内障であることが示されています。

眼圧が正常なのに緑内障が発病・進行する詳しい理由はまだわかっていません。しかし治療はできます。眼圧を、視神経が障害されない程度まで下げてコントロールすれば良いのです。今では、それに必要な薬があり、手術で眼圧を下げることもできます。また、緑内障の早期発見に向けて、眼圧測定だけでなく視神経の状態を調べる検診も広く行われるようになってきています。

さらに詳しく知りたい方は
ひとみ学園(参天製薬)
目と健康シリーズ(糖尿病ネットワーク)
緑内障フレンド・ネットワーク
NTG40.jp

(2008/04/23)
(ku)

正しく知ること、まずはそこから。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、中高年の方に発症するリスクが高い病気について、その原因・症状・対策などをご紹介します。

 糖尿病  高血圧   脂質異常症(高脂血症)   が ん
 心筋梗塞  脳梗塞   骨粗しょう症   白内障  歯周病
 痛 風  COPD(慢性閉塞性肺疾患)   C型肝炎   胃潰瘍
 うつ病(気分障害)  緑内障   喘 息(ぜんそく)   狭心症
 関節リウマチ  脳出血   メニエール病   インフルエンザ
 更年期障害   ED(勃起障害)   花粉症
 過敏性腸症候群   加齢黄斑変性   帯状疱疹
 腰 痛   過活動膀胱   胃食道逆流症   胆石症

10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら