大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

C型肝炎

どんな病気?
国内で毎年3万4,000人が肝臓がんで亡くなります。死因として、がんの中で4番目に多い数です。

『C型肝炎』がテーマなのに、なぜ肝臓がんの話を始めたかというと、肝臓がんの原因の約8割がC型肝炎だからです。そして、国内のC型肝炎の患者数は150万から200万人にも上ると推計されています。しかも、治療を受けずにいる人が少なくありません。

肝臓はよく“沈黙の臓器”と呼ばれることからわかるように、肝臓に異常があっても自覚症状に現れません。ですから100万人以上の人が肝臓がんという重大な危険性を抱えたまま、打つ手はあるのに(治療できるのに)、手を打たずにいるのです。

C型肝炎は、ウイルスが感染し発病する感染症です。感染後、約3割の方は自分の免疫力でウイルスを排除できますが、残りの7割の方は自分の免疫力では排除できず、慢性C型肝炎になります。すると、ウイルスの影響で起こる肝臓の炎症が起きます。その炎症の程度を現す検査値が「ALT(GPT)」「AST(GOT)」などです。これらの数値が高いとうことは、肝臓に炎症が起き、肝炎が進行しつつあると考えられます。

C型肝炎が進行すると、やがて肝硬変となり、徐々に自覚症状が現れ始めます。そして、肝臓がんの危険がより高くなります。それを防ぐため、早く手を打つことが肝要です。

数字で見るC型肝炎

C型肝炎の予防と治療

C型肝炎は血液を介して感染する感染症です。と言ってもその感染力はとても弱く、ふつうに生活している限り心配ありません。現在の患者さんの多くは、残念ながらかつての輸血や献血(売血)、血液製剤使用などの医療行為が原因だったと考えられます。しかし今はこれらの対策がとられていて、今後この経路での感染確率は非常に低いと言えます。

感染予防の注意点をあえて挙げるなら、カミソリなど血液が付着することのある器具を共用しないことです。また、ピアスやタトゥーをするときは、器具の消毒が適切になされている信頼のおける所を選んでください。

もし、自分がC型肝炎だとわかっても、あたふたする必要はまったくありません。C型肝炎が進行し肝硬変になり、肝臓がんの危険が高くなってくるまでには、10年、20年という長い時間がかかるからです。

C型肝炎の治療には、インターフェロンを使います。近年はインターフェロンの効果を増強させる薬が登場したりして、ウイルスを排除できる確率が以前よりだいぶ高くなりました。たとえウイルスを排除できなくても、治療を続けALTをコントロールしていれば、肝炎の進行を抑えられます。

生活上のアドバイスとしては、飲酒をしないことです。お酒は病気の進行を確実に早めます。また、鉄分が肝臓の細胞を傷めることがあるので、レバーなどの鉄分の多い物を摂り過ぎいなようにしましょう。そして、治療中の方はもちろん、ウイルスが排除できた方も(すでにがんが発生していた可能性があるので)、定期的にがん検診を受けてください。

さらに詳しく知りたい方は
C型肝炎 患者さんの情報広場(シェリング・プラウ)
e治験ドットコム(メディカル・ヴィタ)

(2008/01/24)
(ku)

正しく知ること、まずはそこから。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、中高年の方に発症するリスクが高い病気について、その原因・症状・対策などをご紹介します。

 糖尿病  高血圧   脂質異常症(高脂血症)   が ん
 心筋梗塞  脳梗塞   骨粗しょう症   白内障  歯周病
 痛 風  COPD(慢性閉塞性肺疾患)   C型肝炎   胃潰瘍
 うつ病(気分障害)  緑内障   喘 息(ぜんそく)   狭心症
 関節リウマチ  脳出血   メニエール病   インフルエンザ
 更年期障害   ED(勃起障害)   花粉症
 過敏性腸症候群   加齢黄斑変性   帯状疱疹
 腰 痛   過活動膀胱   胃食道逆流症   胆石症

10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら