大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

歯周病

 歯周病の調査・統計(日本生活習慣病予防協会)

どんな病気?
歯周病は文字どおり、歯の周りの病気です。歯そのものに起きる病気の代表が虫歯であるのに対して、歯周病は歯を支えている歯肉や歯槽という部分に起きます。

歯を支えているこれらの組織に炎症が起き、それが長期間続きます。歯周組織が少しずつ傷められ、歯を支える力は徐々に衰えていきます。やがて歯がぐらついてきます。こうなるまで、多くの場合、あまり自覚症状はありません。口臭が気になったり、風邪をひいたときに歯茎が腫れることはありますが、それを歯周病と結び付けて治療を受ける人は、あまりいらっしゃらないようです。恐らく、歯周病には、虫歯が進行したときに感じるような激しい痛みが少ないからなのでしょう。

しかし、歯がぐらつき始めてからの歯周病治療は大掛かりになりますし、他の歯への負担を考えて、抜歯するしかないこともあります。歯の本当の大切さを、失ってからしみじみ実感するようなことにならないよう、歯周病をしっかり治療していきましょう。

歯周病の原因は、口の中に住み着いている細菌です。歯をしっかり磨いていないと、歯と歯茎の間の間に食べ物の食べかすがたまり、口の中の細菌の良い居住環境を提供してしまうのです。そして歯肉が侵されて歯周ポケットができると、ポケットの奥は歯ブラシが届かず磨くことができませんので、ますます細菌を勢いづけてしまうことになります。

数字で見る歯周病

歯周病の予防と治療
歯周病の原因は、口の中に住み着いている細菌です。ですから、その細菌の数を少なくすることが、歯周病治療の基本です。どうすれば良いのかというと、なにも難しいことではなく、歯をしっかり磨くことです。

歯磨きで大切なことは、歯と歯茎の間など、歯ブラシの毛先があたりにくい所をしっかり磨くのと同時に、歯間ブラシを用いて歯と歯の間をきれいにすることです。そういう所ほど、細菌が住み着きやすい場所だからです。この点を勘違いして、歯の表面をピカピカ磨いて満足していらっしゃる方が少なくないようです。正しい歯の磨き方をぜひ一度、歯科医院で教わってください。

次に大切なことは、定期的に歯科医院を受診することです。どんなに歯をしっかり磨いていても、どうしても磨き切れない部分がありますし、そのような磨き残しからできる歯石は、歯科医院で取ってもらう以外、方法がないからです。もちろん、歯周病の検査のためにも定期的な受診が必要です。

それともう一つ。たばこを吸う人は禁煙してください。たばこを吸うと、口の中が細菌の繁殖に適した環境に変化し、また、菌に侵された歯周組織の再生が妨げられ、歯周病の進行が早くなるからです。

進行し深くなった歯周ポケットに対しては、歯肉を切り取る手術療法をします。それにより、細菌が繁殖する足場をなくし、歯の根元までしっかり歯磨きできるようになります。

さらに詳しく知りたい方は
歯周病と全身疾患(サンスター)

(2007/10/31)
(ku)

正しく知ること、まずはそこから。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、中高年の方に発症するリスクが高い病気について、その原因・症状・対策などをご紹介します。

 糖尿病  高血圧   脂質異常症(高脂血症)   が ん
 心筋梗塞  脳梗塞   骨粗しょう症   白内障  歯周病
 痛 風  COPD(慢性閉塞性肺疾患)   C型肝炎   胃潰瘍
 うつ病(気分障害)  緑内障   喘 息(ぜんそく)   狭心症
 関節リウマチ  脳出血   メニエール病   インフルエンザ
 更年期障害   ED(勃起障害)   花粉症
 過敏性腸症候群   加齢黄斑変性   帯状疱疹
 腰 痛   過活動膀胱   胃食道逆流症   胆石症

10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら