大人の健康生活ガイド:30代の健康 大人の健康生活ガイド:40代の健康 大人の健康生活ガイド:50代の健康 大人の健康生活ガイド:60代の健康 大人の健康生活ガイド:70代の健康

骨粗しょう症

どんな病気?
骨粗しょう症は、骨が中がスカスカになり、その密度が減って、十分な強度を保てなくなる病気です。その結果、ちょっとした衝撃で簡単に骨折してしまうことになります。

「骨折」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、健康な人がスポーツ中に事故などで骨を折ってしまうようなケースではないでしょうか。このようなときは折れた骨を修復し固定しておけば、数週間で元のように戻ります。

しかし、骨粗しょう症で骨折した場合、そう簡単にはいきません。なぜなら、もともと骨の密度が減っているからです。骨折の回復力が弱く、しっかり骨がつながるのに長い時間がかかってしまいます。

とくに影響力が大きいのが、足の付け根の部分(大腿骨頸部)の骨折です。この部分を骨折すると、たちまち動けなくなってしまい、寝たきりの生活を余儀なくされます。寝たきりの状態だと、骨は余計に弱くなり、骨粗しょう症が進行してしまいます。骨がつながるまで何カ月もかかります。高齢者の場合、骨折が治ったころには筋肉が衰えていて歩けず、結局、車椅子の生活になってしまったり、認知機能障害になってしまうケースもあります。

このようにQOL(生活の質)への影響力が大きな骨折を防ぐことが、骨粗しょう症を診断し治療する目的です。女性は男性よりもこの病気になりやすく、とくに閉経後に気をつけておきたい病気の一つです。

数字で見る骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防と治療
骨粗しょう症は、とくに予防が大切な病気です。それは、「どんな病気?」のページで説明したように、いったん骨折してしまうと生活に多大な影響が及びやすいからでもありますが、もう一つ、いったん骨の量が減ると、それを増やすのはなかなか困難だからです。

幸い今では超音波などを使った簡単な検査があります。検査で骨粗しょう症、またはその予備群と診断されたら、恐らくその時点では全く自覚症状はないと思いますが、ぜひ予防・治療を始めてください。

骨粗しょう症の予防・治療で大切なことは、まず、骨の原料であるカルシウムを十分にとるということです。また、カルシウムの吸収や骨の新陳代謝を活発にするビタミンD、あるいはビタミンKもとるようにしてください。そして、少し骨に負荷がかかるような運動を続けましょう。運動で骨に少し刺激を加えることで、骨の新陳代謝が促進されます。

もう一つは「転ばぬ先の杖」とのことわざどおり、転ばないようにすることと、ヒッププロテクターの使用で、万が一の転倒に備えることです。

家の中のじゅうたんやカーペットの縁は、めくれないように固定しておきましょう。廊下や階段、風呂場など、すべりやすい所には手すりをつけましょう。部屋の照明のスイッチは、暗い中を手探りで探す必要がないように、入り口につけたほうが安心です。外出時は、履き慣れた靴を履きましょう。

さらに詳しく知りたい方は
みんなの健康百科:骨粗しょう症(MSD)
骨粗しょう症のはなし(武田薬品)

(2007/10/31)
(ku)

正しく知ること、まずはそこから。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、中高年の方に発症するリスクが高い病気について、その原因・症状・対策などをご紹介します。

 糖尿病  高血圧   脂質異常症(高脂血症)   が ん
 心筋梗塞  脳梗塞   骨粗しょう症   白内障  歯周病
 痛 風  COPD(慢性閉塞性肺疾患)   C型肝炎   胃潰瘍
 うつ病(気分障害)  緑内障   喘 息(ぜんそく)   狭心症
 関節リウマチ  脳出血   メニエール病   インフルエンザ
 更年期障害   ED(勃起障害)   花粉症
 過敏性腸症候群   加齢黄斑変性   帯状疱疹
 腰 痛   過活動膀胱   胃食道逆流症   胆石症

乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら